長谷川です。

 

いつも購読ありがとうございます^^

 

プッシュ型の情報発信としては

今までは、「メルマガ」が主流でしたが

LINE@で情報配信する人が多くなってきた印象です。

 

背景としては、

メルマガが届かなくなった…

ここ1年くらいで

という事が挙げられようですね(^-^;

 

ただ、ここは集めているリストの質にも

より僕は、あまりそんな印象はないのですが

「LINE@が圧倒的に届く」というは

間違いのない話です。

 

 

 

LINE@を使うメリットは?

 

LINE@を使うメリットは

 

  • メルマガと違って100%届く
  • スタンプや絵文字など使い視覚的にもメルマガよりフレンドリーに接する事ができる
  • そもそも、メール自体が使われてなくなっている

 

こんなところでしょうか?

 

まあ、現状としては

 

プライベートはLINE

情報収集はSNSやメルマガ

 

と分けている人が多い印象ですが

 

長い目でみれば対個人ビジネスでは

LINEがメルマガにとってかわる

可能は大きいです。

 

LINE@の登録数が増えない

 

とは、いえ僕の実感としては

メルマガと比較すると圧倒的に登録率が悪いです(^-^;

 

あくまで僕の体感値ですがメルマガの

何分の一、十分の一くらいの登録率ですね。

 

これは、登録者の立場になれば

凄く理解できます。

 

LINE自体が、かなりプライベートな

連絡手段ですから

余程、

「必要性を感じなければ登録はしたくない。」

というのは皆同じでしょう。

 

登録して貰える理由を与える

 

ここで重要なのが

「LINE@へ登録して貰う理由を与える」

という事です。

 

例えば、

 

  • PDFでプレゼントをあげる
  • 動画などのコンテンツをプレゼントする
  • 飲食の場合は、クーポン券や一品やドリンク無料券など

 

など渡すと登録率は上がります。

 

LINE@の露出をあげる

 

それから、もう1つ

LINE@の登録率を伸ばすには露出をあげる

という事です。

 

これはメルマガと同じですが

「登録が全然ない…」と嘆いている場合

そもそも、ユーザー目線からみると

どこで登録すればよいかわからないという

ケースが多いわけです(^-^;

 

LINE@の場合

 

ブログのサイドバーや記事の文末

メルマガで紹介する

メルマガ登録時に自動返信でLINE@への登録も促す

SNS(Twitterやフェイスブックページ)

YOUTUBE

 

というのが理想です。

 

まとめ

 

以上、LINE@の登録を伸ばす

方法にいて解説しました。

 

参考にしてみてくださいね^^

 

ではでは、長谷川でした。

 

情報配信に興味がある方は

こちらもどうぞ^^

↓↓↓

ネットビジネスの情報発信

 


相談なども無料で受けています。
日々、色々な方問い合わせを貰い
感謝の言葉を貰っています^^

質問や相談あれば
個別にアドバスさせて貰うので
遠慮なくいって下さいね^^
↓ ↓ ↓
長谷川への問い合わせ先

無料でネットビジネスで圧倒的に
稼ぐ為の戦略を教えています。
キャンペーンにつき
ノウハウもプレゼント中
↓ ↓ ↓